徒然脱出日記
つまらない日々にサヨナラだ!!

徒然脱出日記



【FX】EA開発なんかもうやめだ!!、今週のトレード成績【2018/12/17~21】

【FX】EA開発なんかもうやめだ!!、今週のトレード成績【2018/12/17~21】


ちわすん!絶望のFX初心者トレーダーの「しょん」です!

 

今週のトレードは先週よりもさらにやばい!!

損失自体はそんなに出ていませんが、今後のトレードが絶望しか見えません・・・。

 

では、成績報告です。

 

 

見てください・・・この含み損を・・・。

 

約16万ですよ>< ぼくの手取りかっ!!

 

では、それぞれのシステムについてコメントを・・・

 

 


1.GridTrader


こやつですよ! こやつ!!

 

こやつが含み損16万円を生み出した元凶です!!

 

そもそも、ナンピンを基本的な考え方とした手法なので始めたときからこうなるのはわかっていたんですけどね・・・。

 

一応、この含み損は想定内ではあるんですが、実際に起きるとなかなかビビりますねwww

 

では、この原因を振り返っていきましょう。

 

 

グリッドトレードは暴落が発生したときに、多大な損害が発生します。

 

そして、豪ドル円をグリッドトレードの通貨として選んだのは先進国通貨で回帰性があることと、クロス円通貨ペアでボラリティが大きいためです。

 

そのボラリティが暴れました・・・。

 

 

今週は豪ドル円が暴落しました。

 

 

今回は豪ドルドルの下落とドル円の下落が合わさり、クロス円である豪ドル円が相乗効果で暴落してしまいました。

 

ドル円は言うまでもなく、FOMCとトランプでしょうね・・・。

 

メキシコ国境壁?何言ってんだよ@q@

そんなことより、世界同時株安をどうにかしろよ@0@!!

 

ってな感じで、世界同時株安の勢いが全く止まらず、リスク回避の動きがドル円にも影響した感じでしょうか・・・。

 

豪ドルドルもやっぱりトランプですかね・・・。

 

豪ドルはリスク通貨でアメリカ経済・中国経済・資源価格に大きく影響を受けます。

 

アメリカ経済は世界同時株安を招いており、かつ原油価格がOPECでの減産合意後もまったく価格が上がらず、豪ドルが売られる原因となっているようです。

 

 

12月に入ったころは豪ドル円は83円前後をウロウロしていましたが、一気に78円前後まで下がってきました。

 

そもそも、豪ドルは80円付近が一つのサポートラインと考ていたので、こんなに簡単に突っ切るとは思っていませんでしたww

 

しかも、前回の下落時の反発値も簡単に下回りました。

 

これはやばいです。

 

ロスカットまではまだ猶予はありますが、この余裕がある時点で最悪の展開を予想しなければならないと思っています。

 

最悪の展開は

強制ロスカット想定値である70円を突破

すること。

 

そのときには40万円程度の損害となる想定です。

 

これを避ける手段は2つあります。

資金の追加

売りの両建て

 

資金の追加はありえません。

 

それはFXを始めたときに、「決めた金額以上の資金の投入は行わない」ということを自分の約束としたからです。

 

資金を追加投入で人生を破滅させるというのはよく聞く話ですからね。

 

となると、売りの両建てが最後の手段となります。

 

幸運なことにもぼくの利用している楽天FXは同一通貨に対して両建てした場合に買いと売りのどちらか大きい方の証拠金のみでポジションを持てます。

 

まぁ、幸運というより、それができるからこそグリッドトレードなんてできるんですけどね・・・。

 

おそらく豪ドル円はまだ下がると予想できます。

なので、78円を下回った時点から、売りポジションを入れていこうと考えています。

 

そして、ポジションを増やすごとにポジションを持つ間隔を広げていくよう改良しました。

 

この対策でおそらく65円までは耐えることができると計算しています。

 

まぁ、悪いところばかり書きましたが、実際にはGridTraderはいつもどおりコンスタントに利益を出してくれました。

 

そして、含み損が多大になった反面、実はスワップポイントもかなりはいってきていますw

 

地味に美味しいのです(*´ω`*)

 

今後はスワップポイントもGridTraderの利益として、計算してあげないとかわいそうかもですね~~(*´ω`*)

 

資産が前回より減ってるじゃないかって?

 

それは裁量トレードでミスったからだよ(´・ω・`)・・・

言わせるな、恥ずかしい。。。

 

 

そして、更にいいことがありました。

 

今回、両建てとグリッド間隔の調整をプログラムに組み込みましたが、ここで新しいトレード方法を思いつきました。

 

その名をHedgeTradeと名付けました。GridTradeの強化版で、グリッド間隔調整により安全面を上げつつ、両建てにより上にあがっても下にさがっても利益を出せます。

 

そして、何より複利効果もつけた、おそらく、ぼくの最後の最強のEAになりそうです。

 

この仕組は今後、親子の物語に例えてお話したいと思いますw

 

 


2.ReverseTrader


この子に関しては、稼働当初から成績が悪かったため、停止させています。

 

 


3.ExtremeTrader


最後に一番開発に力を入れたExtremeTraderです。

 

前回からずっと改良を加えていました。

 

今回もPips数的には爆益をだしているはずなのですが、今回もこの子を信じることができなかったため、ぼくのLotミスでマイナスとなってしました。

 

いや~、どうしても大きい金額のポジションを持ったこの子を見てると、怖くて怖くて・・・w

 

負け続けたら、どうしよう・・・ とか

 

結構複雑なアルゴリズムになっているので、バグがあったらどうしよう・・・とか

 

 

FXはメンタルが重要といいますが、ほんとにメンタルがもたない。

 

もちろん、無くしても生きていけるお金でやってはいますが、それでも無くしたくはないですよねwww

 

 

このことから、ぼくは決意しました。

 

 

テクニカル分析によるEAを利用した自動売買は諦めることを・・・。

 

 

 

この経緯に至った理由ですが・・・、その前にEAについてお話しましょう。

 

まず、EAには2タイプが存在すると考えています。

 

1つ目はGridTraderのように条件さえ整えば必勝できるEA。

2つ目はテクニカル分析により勝ち負けを繰り返し、最終的に利益を出すEA。

 

 

必勝できるEAにはアルゴリズム的に、勝てる根拠があります。

たしかに、負けるときはすべてを無くしてしまいますが、勝てる理由がわかりますし、負けを止めることもできます。

 

ですが、テクニカル分析によるEAは勝てることに根拠がありません。

テクニカル分析は統計をもとに今後も同じようになるだろうという予想のもと売買を行います。

 

しかし、今後、同じ値動きをする根拠は無いのです。

 

それを感じたのは長期のバックテストを繰り返しているときです。

 

作ったEAは必ず調子がいい時期と、調子が悪い時期が存在するのです。

 

これは時期によって、裁量トレーダーやファンドの流行り手法が変わっていることが考えられます。

 

また、最近ではAIがかなり取り入れられ、爆益を上げていると聞きます・・・。

 

AI??、AIってシステムトレードでしょ? AIで勝てるならEAでも勝てるってことじゃない?

って思いましたか?

 

いえ、ここで言うAIは値動きを予想してトレードするものではなく・・・

 

取引をしている人のポジション数を計算し、どのタイミングでどのくらいの金額を投入したら値動きを操作できるかを計算するAIです。

値動きを操作することで利益を獲得するという最強のトレードAIです・・・。

莫大な資産があるところでしか実現できない芸当ですが・・・実際に起っていることのようです。

 

トレード数が減っている時期は少しの金額投入で値が大きく動くようなので、みなさんもお気をつけて・・・

 

っていう話はどうでも良くてっ!

 

調子のいい時期と悪い時期がある、これは一般的に販売されているEAも同じです。

なので、ポートフォリオという考え方が出てくるのですが・・・。

 

たとえポートフォリオを実践したとしても、それが利益を出せる根拠にはなりません。

 

運が悪ければ、必勝型EAよりも遥かに早く資産がなくなる可能性もあるのです。

 

このことから、テクニカル分析によるEAを信じることができなくなってしまいました。

 

FXは自動売買では稼げないと言われていますが、自分でEA開発をすることで、やっとその意味がわかった気がします。

 

なので、2.ReverseTraderと3.ExtremeTraderは稼働を終了したいと思います。

 

そして、最後!

 

必勝型EAである、4.HedgeTraderを開発していきたいと思います。

 

HedgeTraderはぼくの4ヶ月のFX取引で学んだすべてを込めた最後のEAになる予定です。

HedgeTrader開発後は改良することはあっても、新しく作ることは無いかな・・・。

 

トレード成績を公開し始めて、こんなにすぐEAの開発をやめることになるとはww

 

逆に言えば、HedgeTraderがそれだけ最強である確信を持てたということです。

悪い方には捉えていません。

 

HedgeTraderはGridTraderの後継システムなので、GridTraderの運用が落ち着いたらHedgeTraderに移行する予定です。

 

 


最後に


EAの開発はHedgeTraderで最後になりますが、トレード成績報告は今後も続けていきます。

 

EA開発をやめるのは、テクニカル分析のEAを開発するより他の稼ぎ方を研究したほうが有益だと感じたことと、何よりHedgeTradeという自分なりの稼げる手法を見つけたからです。

 

そして、FX自動売買で寝てても稼げることを証明?していきたいと思いますw

 

それでは、また次回 ノシ

 

 

 




コメント


コメント投稿