徒然脱出日記
つまらない日々にサヨナラだ!!

徒然脱出日記



【Google Adsense】審査に通る方法を具体例を用いて説明!【必見】

【Google Adsense】審査に通る方法を具体例を用いて説明!【必見】


【ペルソナ】

●Google Adsenseの審査に落ちて困ってる人


 

こんばんは!「しょん」です!

 

この徒然脱出日記ですが、

実はGoogle Adsenseに申請してたんです!w

 

そして、先日、やっと承認していただくことができました!

 

今回はこのサイトが審査に通るまでにどんなことをやったのかをご紹介したいと思います!

審査に申請したのは全部で3回で、2回審査に落ちています。

 

その際のGoogleからの指摘に対して、

どのような対策を行ったのか、

具体的な例を用いて説明します。

 

ただ、これが正しいとは限りませんので、

あくまでご参考程度にお願いします!!

 

 

 

【目次】

・不十分なコンテンツ

・Googleに準拠していないサイト

・最後に

 

 

 





不十分なコンテンツ


最初に申請したときは、

投稿記事もほとんどなかったので、

当然の指摘ですよね・・・OTZ

 

 

【ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。】

 

この指摘の対応は簡単ですね!

要は記事の内容が薄いってことですww

 

要は下みたいな記事はだめですよってことですねw

※今は非公開にしています。

 

まぁ、こんな記事作っても誰も見ませんよねw

とりあえず、こういう意味のない記事はすべて非公開にしました。

 

 

 

【コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。】

 

これも簡単ですね!w

<h1>、<h2>タグを作って記事タイトルとか、段落のタイトルを表現しろってことです。

 

この記事で言えば、「【Google Adsense】審査に通る方法を具体例を用いて説明!【必見】」が記事タイトルなので、

<h1>【Google Adsense】審査に通る方法を具体例を用いて説明!【必見】<h1>

のように<h1>で囲んで表示する必要があります。

 

次に、段落のタイトルは「不十分なコンテンツ」なので、

<h2>不十分なコンテンツ<h2>

となります。

 

さらに、その中のサブタイトルは

<h3>コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。<h3>

とすることで、記事の内部の意味の構造をGoogleに伝えてあげる必要があります。

 

これはWordPressのテンプレートのテーマを使用していれば、

きっと問題なかったのでしょう。

 

しかし、徒然脱出日記は1からぼくが作成したサイトなので、

そんなところまで気にしていませんでしたw

 

 

 

【ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。】

 

これはよくわかりませんでした。

ただ、あまりにも記事の内容が薄いものを作成中であると勘違いされてしまったのかな?

なので、価値の薄い記事を非公開にすることで対応しました。

 

 

 

【広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。】

 

ん~ これもよくわかりませんでしたね・・・。

(ほとんどよくわかってないじゃん!!!w

 

広告コードはしっかり<header>内に設置していたので、

問題ないはずなので、無視しましたw

 

 

 

【YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。】

ん~w これはYoutubeの動画を載せた記事を作ったからでしょうかね??

 

文章からするとYoutubeの動画を貼ることは問題ないようですね。

実際、この徒然脱出日記ではYoutubeの動画をかなり貼っています。

3回目の審査ではそのまま合格しているので、

動画を貼っても大丈夫です。

 

しかし、動画がメインの記事は価値が薄いということなのでしょう。

動画以外の付加価値をつけた記事でないと認めてもらえないようです。

 

なので、このときはおそらく指摘対象となっているであろう記事を

非公開にしました。

 

ただ、動画を紹介したかっただけなんですけどねw

たしかに、記事の内容は薄いですね・・・。

 

 

 





Google のポリシーに準拠していないサイト


ポリシーに準拠していないと言われたので、

ポリシーを見ていたのですが、

必須なコンテンツを作るのを忘れていましたw

「プライバシーポリシー」です!w

完全に忘れていました。。。

 

ということで、プライバシーボリシーについて、

プロフィールページに記載してみました。

 

 

 

 

【Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。】

 

この指摘は非常に難しいですよねwww

みんなが見たくなるような記事を作れってことですよね~。

そして、それがぼく独自のもので、かつ、関連性のあるもの

(ゲームとかアニメとかかな?)

 

現状、この時点での徒然脱出日記はアニメの感想がメインでした。

おそらく、アニメの記事がメインということで、

関連性が高いものを集めることはできてたと思いますが、

独自性は・・・謎でしたね・・・。

 

そこで、ぼくが始めたのがゲーム実況です。

ぇぇ、実はゲーム実況はブログのネタにするために始めたのですw

今では、ゲーム実況の記事がブログのメインになってますけどね・・・。

 

ゲーム実況が独自性が高いかどうかはわかりませんが、

とりあえず、ぼくの実況動画はぼくにしか作れないはずですw

 

 

 

【ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。】

【サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。】

 

これは記事を見つけるための操作が分かりづらいということですね。

 

これに関しては、一つの記事に対してサイト内で複数のアクセス方法を用意しました。

 

1つ目はメニューバーですね。

まぁこれはサイトを作成したときからおいてました。

 

 

2つ目はサイドバーのカテゴリですね。

メニューバーだけではなく、

こちらからでもアクセスできるようにしました。

こちらは1クリックで操作できますしね。

 

3つ目はアーカイブですね。

日付順に見たい人がいれば、

ここから参照できるかな?

 

 

4つ目はサイト内検索ですね。

キーワード検索で見たい記事を探せるようにしました。

 

 

5つ目は関連記事ですね。

現在参照している記事に関連する記事をすぐに探せるようにしました。

 

 

最後は記事ランキングですね。

人気のある記事をすぐに見つけ出せるようにしました。

 

 

 





最後に


とりあえず、これらのことをやったら承認をいただけました。

 

よく言われている50記事以上じゃないと承認されないとか、

記事は2000文字以上じゃないとだめとかいうのは、

間違いなのかなと思いました。

 

このブログは1000文字以下の記事がほとんどですし、

記事数も20記事ほどしかありませんでした。

 

大切なのは文字数、記事数ではなく、

どれだけ独自性と中身のある記事を書いてるか?

というところだと思います。

 

このブログがそれを満たしているかは、

わかりませんが・・・w

 

 

 

この記事が、すこしでもあなたのお役に立てれば幸いです!

 

それじゃ、またノシ

 

 




コメント


コメント投稿